楽に稼げる

「面接なしの短期バイト」と聞くと、誰にでもできる簡単な仕事なのかなと思ってしまいます。
実際のところはどうなのでしょうか?

1,000件の面接なし短期バイト情報」を基に統計をとり、まとめてみました。

スポンサーリンク

調査した結果

軽作業
(仕分け・タグ付け・ピッキング・梱包)
378
製造補助
(組立・盛付け・箱詰め・洗浄作業)
128
コンビニ
経験者のみ
101
サービススタッフ
(主に飲食関係の)※
79
販売・レジ・売り子 71
イベントの設営・運営スタッフ 63
チラシ・ティッシュ配り 62
パンフ・ダイレクトメールの封入 55
美容モニターなどの覆面調査 33
配送・運送助手 30

※ サービススタッフ(主に飲食関係の)・・・ケータリングサービスで、お皿を下げたり片付けをしたりなど。通常の飲食店のホールスタッフより簡単な仕事。

やっぱり簡単だった

予想通りの簡単な仕事がほとんどであることがわかりました。
最も多いのは、仕分け・タグ付け(シール貼り)・検品・ピッキング・梱包・・・・ といった仕事です。

コンビニだけは経験者しか採用されませんが、それ以外は未経験でも採用されます。
ほとんどが登録制のバイトのようです。

面接なしの短期バイトは、気軽にバイトできるのがメリットですね。
身構える必要はありません。

楽に稼げるわけではない

簡単な仕事なのでついつい楽して稼げるのかなぁと思ってしまいますが、これは間違いです。

楽には稼げない

どれも時給が低めのバイトなので、稼ぐためには長時間の労働が必要です。
仕分けやシール貼りなどは、単純作業を延々と繰り返します。
イベントでの会場設営や配送の補助スタッフは体力を要求されます。

同じことをずーっとやり続けるのはちょっと・・・
体力には全然自信がない・・・
こんな感じの方には向いていないお仕事です。

簡単は簡単でも、適性のある人にしか務まらないバイトです。
楽に稼げるわけではなく、忍耐と体力は必要だということは知っておきましょう。

本当に楽に稼げる「面接なし短期バイト」は存在しないの?

世の中広いので、おそらくあるでしょう。

というよりは、個人の能力(得意なこと)によっては全く苦にならない仕事があるはずです。
初対面の人と話すのも全然問題ない むしろ楽しい というような人だったら、飲食店のカウンタースタッフは天職でしょう。

じゃあ、そんな天職はどこで探せばいいの?

正直「面接なし」という条件があると、楽な短期バイトを見つけるのは難しいです。

面接を受けずにおいしいバイトにありつけることは、ほとんどありません。
「面接」といっても、実際には人柄を確認しているだけ(めちゃくちゃ変なヤツを採用しないために)ということも多いので、面接を無意味に避けるのは得策ではありません。

面接を受ける必要はありますが、通常の短期バイトはこちらからお探しください。
↓↓↓↓